“仕事でやっているスーパーコンパニオン”に惚れてはダメ?

実のところ、スーパーコンパニオンにお熱をあげてしまう若い男子もいます。

お互いに心の本質を見ているかどうかが、その後を決定づけます。

惚れた後の交際期間が大事です。

■時代錯誤的な考え方に支配されている!?

スーパーコンパニオンはそれを職業としているわけですから、「そんな女の子に本気で惚れてしまう男は馬鹿だ」という見方もたしかに一部にはあります。

しかし男女の仲に、“職業による壁”など存在するのでしょうか。

江戸時代の昔ならそうあっても不思議ではありませんが、この現代においては時代錯誤のそしりを免れない暴言です。

ただしお互いに一夜の感情ではなく、一定の交際期間はもつべきです。

■職業で愛や好きだという感情は深まらない。

世の中には、キャバ嬢と結婚したりスナックのママと結婚したりした男性が数多くいます。

幸せになったカップルもあれば、離婚した夫婦もあります。

職業や出会いのキッカケなどたいした問題ではありません。

お互いの価値観、相性がよければスーパーコンパニオンでもピンクコンパニオンでも問題はありません。

周囲がどう見るかも大事ですが、本気なら幸せになってみせることです。

【気になるニュース】彼氏持ち風俗嬢の本音「彼氏が許容していても、彼氏以外の男に抱かれたくない」 – messy|メッシー

■スーパーコンパニオンの彼女と客である男子、馴れそめなどより大事なのは、相手をいたわる努力です。

好きであった相手がそうでもなくなると、相手に対していたわりの心が薄れてしまいます。

価値観とか職業とかはどうでも良くて、「どこまで好きでいられるか」、お互いの努力次第で幸せ度は変わってきます。

スーパーコンパニオンだから長続きしないという見方は、たちの悪い偏見にすぎません。