UR賃貸~契約の流れ

UR賃貸の入居までの流れをざっと見てみましょう。

UR賃貸の契約までの流れは、一般的に、申し込み~内覧~契約という流れになります。

先ずはネットなどを利用して気になる物件を探します。

気になる物件で空き状態であればネットから申し込みをします。

ホームページ上には丁寧な案内があるので申し込み自体は簡単なはずです。

また、各営業センターでも申し込みは当然可能です。

一世帯につき申し込みは一つしか出来ませんので注意しましょう。

申し込みが済んだら、実際の物件を内覧(参考:http://www.jkk-nagoya.or.jp/situmon/tintai.html)します。

内覧時には身分証明証が必要になるので忘れないようにしましょう。

また、内覧は一度しか出来ませんから、確認すべき点は事前にメモをしておいて、当日は確認忘れがないように十分注意しましょう。

内覧で物件に納得がいけば、いよいよ契約です。

契約必要書類である、申し込み書、住民票の写し、所得証明等を提出します。

提出書類に問題がなければ、本契約になります。

契約時には、身分が証明できるもの、実印、印鑑登録証明書が必要です。

契約書などに必要事項を漏れなく記入し、家賃と共益費の日割り分と敷金を支払い、所定の書類は改めてUR営業センターに提出します。

入居の際、部屋の鍵は、指定日以降、団地管理サービス事務所で受け取りが可能になります。

入居可能日から1ヶ月位内の入居が原則的に決められています。