スーパーコンパニオンの熟女に、歓楽街に誘われたらヤバい?

昔のやり口ではありますが、スーパーコンパニオン(派遣)が確立するもっと前に、金銭ボッタクリの被害は多発していました。

一応は気をつけておきましょう。

■スーパーコンパニオンだからと油断は禁物。

まだスーパーコンパニオンやピンクコンパニオンなどの派遣システムが確立されていなかった当時、たしかにそのような噂が流れ、実際に被害に遭った男性もいました。

風俗の世界ではそのような被害に遭うのもお勉強の1つとされていた時代です。

熟女たちが温泉宿をねぐらとして稼いでいたころです。

いまでは派遣会社との提携が当たり前になったこともあって、監視の目が厳しくなり、そのようなことも少なくなりました。

■派遣会社を渡り歩く、性悪な女性もいる。

被害にあう件数が少なくなったとはいえ、ゼロではありません。

また現代的にいうと、熟女に限らず若い女の子でも、そのようなたちの悪い商売をしている人がいます。

スーパーコンパニオンと名乗ったりピンクコンパニオンと名乗ったり、とにかく名称などはどうでもよく、稼ぎを目的とする女子です。

短期間で派遣会社を渡り歩くので、チェックのしようがありません。

■熟女に限らず、「相談に乗って欲しい」とせがまれたら危険信号。

お金の話になる公算が高いです。

稼ぎを狙った彼女たちは、相談に乗ってくれと持ちかけ、お金が必要だと切り出します。

そのような展開になったら、迷わず「悪いけれどオレには金の余裕がない」とキッパリ断りましょう。

1回目に成功すれば、2度3度とつづくことも珍しくありません。

宿で肉体関係を結んでしまっても、それと金銭は別問題です。

◎近年では風俗業界もベンチャー化しているようです⇒https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190511-01571875-sspa-soci